コンテンツへスキップ

自宅サーバー構築ほぼ完了

2017年8月9日午前8時20分、自宅サーバー構築ほぼ完了しました。
各種サーバーの設定で何回も嵌りました。

1 CentOS7のインストール
インストール前に躓き嵌りました。
USB(32GB)を新たに買って、CentOS6をインストールしたそのUSBで7をインストールしようとしたのでが、メモリーが682MBしかないという状態になっていました。
682MBは、6をインストールしたときのisoファイルを焼き付けした起動用ファイルデータを消去、初期化したあとの容量です。どうなっているのか全く理解できないで2日ぐらい過ぎてしまいました。USBの購入店舗に文句を付けようとしましたが、ネットで解決しました。isoファイル独特の現象で、Windowsで読み込めなくなることがあるようです。
Windowsのディスクの管理でUSBをフォーマットすることにより32GBを確保し、7をインストールできました。

2 ネットワーク設定
ネットワーク設定は、CentOS6の時と比べ無線、有線ともすんなり接続設定できました。

3 tigervnc-server設定
比較的問題なく設定できました。このvncserver設定は、WindowsPCからサーバーにアクセスし、リモート でGUIの操作を可能にするものです。しかし、最終的にこのvncserverは、使えなくなりました。理由は、全く分かりません。
このvncserverは、自宅サーバー構築において重要な役割を担います。自宅サーバーのモニターが10.1インチであるため、あらゆる作業をその10.1インチの画面で行わなければなりません。vncserverがあれば、Windowsでリモートアクセスし全ての作業をWindowsから行うことができます。
しかし、途中からvncserverが接続できなくなってしまいました。何故。未だに不明です。
そこで、tigervnc-serverの代わりに、CentOS7で標準でインストールされているvinoのvncserverに切り替えました。今現在、vinoは動いています。
このvncserver関係の設定で丸2日は掛かっています。

4 DNS設定
キャッシュサーバーとしてunboundをインストールして設定しました。
コンテンツサーバーとしてはbindをインストールして設定しました。
外部のDNSはドメイン管理会社で設定し、内部のDNSだけで設定したので、大きな問題もなく設定できました。

5 webserver設定
webserverの設定で問題となったのは、内部LanのPCから、自宅ルータに割り振られているグローバルIPにアクセスして、WEBページを見ることができないことでした。外部からは当然、DNSによって変換されたグローバルIPにアクセスしWEBページを見ることができます。
自宅Lan内にあるwebserverを内部のPCからアクセスしてWEBページを見る方法は、一つはサーバーのプライベートIPを入力してみる方法です。もう一つは、Lan内のDNSサーバーによって、ドメインを入力してIPに変換して表示する方法です。
ここで、かなり嵌りました。
私の使っているWindowsPCは、DNSサーバーをipv6を使用した外部のサーバーを利用していました。それによって、DNSの答えがグローバルIPになっていたのです。グローバルIPでは内部からアクセスできないので、結果、WindowsPCから内部のWEBページをみることができませんでした。

そこで、WindowsPCのネットワーク設定のいIPv6を切る設定に変更し、漸く、WindowsPCからWEBページを見ることができたのです。

6 Wordpress設定
これも、それほどすんなりいきませんでした。
WordPressの設定に必要なパッケージは、データベースサーバーのMySQL、phpです。
MySQLは、インストール自体が難しくなっていました。これは、MySQLがOracle傘下になった影響と思われます。パスワード設定が非常に厳しくなり、インストールで一苦労しました。PHPもインストールパッケージ、php.iniの設定などかなり面倒でした。

7 mailserver設定
meilserverに必要なパッケージの主なものは、送信サーバーのpostfix, smtp認証のcyrus-sasl, 受信サーバーのdovecotです。
兎に角難解でした。未だに接続、送受信できたり、できなかったりしています。
こんな自宅サーバー構築は、2度としたくないという気持ちになりました。
自宅サーバー構築をしている者でしか分からない、「なんでこうなるの」「嵌る」というやつです。メール設定では、嵌りっぱなしです。

このひと月、長いトンネルに入っていました。やっと、明るさが見えトンネルの出口に向かっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »