コンテンツへスキップ

瞬電

11月11日(土)昼頃、瞬電がありました。テレビを見ていたら、画面が一瞬真っ暗になり、何が起こったのか分らないながら、すぐ、テレビの電源を入れ直したりしたのですが、テレビはつきませんでした。部屋の証明も消えていたので停電だと気づいたその時、テレビがつきました。

その時以来、今日13日朝までこのホームページを見ることができない状態でした。

原因は、瞬電が原因でPCのネットワーク設定が変わってしまったことによるものでした。最初は、サーバーの状態が原因かと思い、サーバー設定を調べてみました。しかし、8月の初めにサーバー設定してからサーバーをほとんど触っていなかったために、設定内容を忘れていて調べるのに苦労したのですが、設定の問題は見つかりませんでした。

クライアントのPCのネットワーク(Wi-Fi)設定が瞬電によって初期化されていたようです。私の家の中にあるクライアントPCからこのホームページにアクセスするには、不思議なことに内部ネットワークのローカルIPアドレスでアクセスするしかありません。外部からアクセスするのと違い、グローバルIPではアクセスできないからです。しかも、IPv6を切断し、IPv4のみを利用する設定にしなければなりません。

このIPv4のみの設定にしなければならないことに気が付いたのは、試行錯誤の結果でした。PC、ネットワーク、サーバー設定のほとんどの問題は、ネットで検索すれば解決方法が見つかります。しかし、このクライアントのPCのWi-Fi設定(IPv4のみを使う方法)だけは、ネット上で解決策がありませんでした。私がこの解決策に辿り付いたのは偶然でラッキーでした。

瞬電によって変わった設定は、IPv4のDNSサーバーのローカルIPでした。ネットワーク設定というのは、サーバーもそうなのですが、勝手に設定を変えることがよくあります。勝手に変えるなといいたくなります。いろいろあって漸くこのホームぺージを見ることができるようになりました。

2 thoughts on “瞬電

  1. tetuando

    再投稿をしようとした12日にアクセスできなかったので、管理人さんが「改良作業」でもしてるのかなと思いました。そうではなく、トラブルだったのですね。今回のトラブルは、予期せぬ停電でなく、電源を落としても発生するのですか。いずれにしても、OB会HPの管理はMOMOさん任せです。今回のように、再開出来れば、それなりの経験を積んだで済むのでしょう。とりあえず、一安心です。ありがとうございました。

    返信
  2. admin

    今回の停電によって発生したトラブルは二つありました。一つは、サーバーが正常に立ち上がっていなかったことです。もう一つは、クライアントPCのネットワーク設定、DNSサーバーのIPアドレスが変わってしまったことです。
    サーバーは電源を入れ直して正常に立ち上がりました。クライアントPCの問題には一苦労しましたが、なんとか問題を解決できました。
    サーバーが正常に立ち上がるには、クライアントPCと同じようにshutdownというコマンドによって電源を落とす作業をしなければなりません。しかし、サーバーがフリーズしたり、shutdownができない状態で何回か電源をOFF、ONしてしまいました。その場合でも通常は正常に立ち上がります。瞬電では、サーバーの電源はONになっていましたが、サーバー設定がうまくできていなかったようです。

    今も、centos7のサーバー設定の難しさを痛感しています。一番難しいのは、メール設定とファイアーウォール設定です。メールは、私のMOMO宛てメールには送信できるのに、tetuandoさんのGmailやyahoo mailにはいまだに送信できないでいます。全く原因が分かりません。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »