コンテンツへスキップ

WordPressバージョンアップ成功

9月12日、WordPress5.2.3のバージョンアップ漸く成功しました。
朝からLINUXサーバーにたまっていた全ての更新パッケージを更新し、続けてPHPを5.6に更新しました。WordPressの更新が完了したのは、午前10時50分でした。

LINUXサーバーでは、全てコマンドベースで更新するのでたびたび入力間違いをしてしまい、予想以上に時間がかかったようです。

こんなコマンドを入力したのです。
yum install epel-release
rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

cp /etc/php.ini /etc/php-old.ini
yum remove php-*

yum install --disablerepo=* --enablerepo=epel,remi,remi-safe,remi-php56 php php-pear php-mbstring php-gd php-pdo php-xml php-mcrypt

9月13日、phpのバージョンをさらに7.3に更新したのですが、WEBページが表示されず失敗に終わりました。原因は、apache のバージョンが関係しているようです。すぐさま、元のphp5.6に戻しました。

9 thoughts on “WordPressバージョンアップ成功

  1. tetuando

    php5.6成功、php7.3不成功。更新の作業はこちとらの理解のエリアではないのですが、海生研OB会HPが生き残っていること自体、感謝、感謝です。
    住民の想定外だった台風15号の動きと勢力であっても、政府の関心は内閣改造にあり、台風への対応はゼロだったように思います。千葉県だけでも消費税アップを延期するというような政府の対応策が聞こえてこないのは、やはり、国(政府)と国民がかい離していることを反映しているように思います。

    返信
  2. admin

    台風15号の被害は、千葉だけではなく、神奈川県もかなりありました。私の住んでいる横浜市金沢区では、冠水、土砂崩れ、ビル解体工事の足場の崩落などによる通行止めが何か所もあって、家の近くのガソリンスタンドに行けない状況が数日続きました。また、埋め立て地の工業団地では護岸が崩壊して、かなりの被害が出たままになっています。海の公園の護岸沿いのベンチのように利用されていた石積みが崩れ、1個100㎏ぐらいの大きさの石があちこち散らばっていました。これらの被害情報は、千葉の停電の報道の陰に隠れ、ほとんど報道されていません。
    千葉の停電は、養鶏農家に被害をもたらし、金沢八景のイオンで私がいつも買っていた千葉産玉子が入荷できずに、私の生活にも影響しています。

    返信
    1. tetuando

      鴨川の祖一さんも4日間停電だったそうです。千葉で停電解消とアナウンスされても、実際は個別配電のレベルではないらしく、本来の元通りには程遠いようですね。神奈川・横浜の被害実態を報道しない(報道の偏り)のは、政府を忖度しているのではないでしょうか。その被害の大きさに対する補助金の工面が大変なのに、イージスアショワ(総額6000億円)の代金の一部をすでに払っていることの矛盾が政争になるように思います。千葉県に加え神奈川県でも消費税を上げれない状態を無視するには、停電が東京電力だけの所為にするのが一番でしょう。とりあえず千葉県に支給した補助金が13億円だそうですが、和歌山のドンファンの遺産額程度なのには空いた口が塞がりません。武器は全て、消費されます。それに見合う安全・平和を考えるとき、庶民の日常生活の安全に見合っていないのは確かなようです。今回の停電で、我々の生活の基盤に電気があることがはっきりしました。その電力確保の土台である高圧送電鉄塔の耐風基準が風速40mであることを知りました。台風15号の大停電が風速40m超えの地帯に集中したようです。石原裕次郎主演の「風速40米」の映画でも「風速40米」はあり得ないと思ったのでしょうか?この映画が上映されているいる時に、巷では「風速40米」より怖ろしい「風速は?」というなぞなぞが流行ったことが思い出されます。1米 → 一命取る、だったと思います。

      返信
  3. admin

    昨日、金沢区の「海の公園」に行ったのですが、例のあちこち散らばっていた石積みは、数十~数百メートルにわたり未だに何の対応もしていない状態でした。役所も含めて誰も全く対応していないようです。道路の通行止めと比べれば緊急性を要しないのは明らかですが。
    その近くでは、風と波浪で護岸が壊れ、そこから波が侵入して電気工業団地が冠水して被害が出たようです。これもほとんどニュースになっていません。
    私の家の近くでも屋根瓦が飛ばされて被害が出たようですが、このことを一昨日、リフォーム会社の人から聞きました。
    台風当日の午前2時前ぐらいに、風と雨の激しい音と地震のような家の揺れに目を覚まし、4時ぐらいまでテレビニュースを見ていました。子供のころ、伊勢湾台風を経験している私でも、風の強さには驚き、窓ガラスがわれるのではという恐怖さえ感じたほどです。
    そちらには、台風17号が接近しています。気を付けてください。

    返信
    1. tetuando

      22日正午現在。鹿児島市では雨はそれなりに降っていますが、風の音はそれほどでもありません。「海の公園」をヤフーの地図で確認すると、湾口からの高潮は尋常でなかった様子が浮かびます。一方、金沢八景は、湾口がほとんど閉じているので、高潮被害は無かったのではないでしょうか。自然災害と地形(地理条件)は密接に関連しているというのを、何処かで教わったように思います(何処でという記憶にないので「安藤説」かもしれません)。今回の、千葉県における倒木のほとんどが人工林ではないかということです。雑木林の存在意義(意味)として、自然(災害)に対して雑木林の木々は、風の通り道には低くて根の張った木が根付き、雨の通り道には水の吸収力の高いひげ根の豊富な木が根付くということです。昨日、沖縄・那覇の国際通り近くで大木が倒れたという報道がありました。大木であろうと、植林した(人の手が入った)という行為が、自然には適合していないのだと思います。原生林で怖いのは、風雨ではなく落雷のはずです。地震・カミナリ・火事・おやじ(おおやまじ=大山風)というので、台風(大山風)も怖いものの第四位にランクインしています。しかし、第四位の怖さは親父程度(人力でコントロールできる)ということではないかと勝手に考えると、昔の人々は高潮被害を避ける方法を知っていたのではないかと思います。実際、かつての河川・河口には広々とした干潟が広がっていました。この干潟が高潮の勢いを弱らせたのではないでしょうか。津波に対する干潟の存在は、津波の来襲を知らせること(一気に潮が引く)であり、勢いを弱めるものではないでしょう。自然に対しては歴史から学ぶのが一番必要ではないかと思います。

      返信
  4. admin

    台風15号の被害写真がカナコロ(神奈川新聞)にありました。https://www.kanaloco.jp/article/entry-194027.html

    海の公園は、Google マップでみれば分かりやすいです。シーサイドラインの野島公園駅の北側から横浜市立大学医学部(附属病院)あたりまで数キロあります。私が見た石積みの散乱は医学部付近の細長く東西に護岸、通路、松林が並ぶところです。

    一つ気になったことがあります。それは「高潮」についてです。
    カナコロには、護岸の崩壊や冠水の原因について、高潮の文言がなく「高波」とありました。高潮は1hPa下がるごとに1cm海面が上昇するそうです。15号は、965hPaですから海面は50㎝程度しか上昇しないはずです。護岸の高さは4~6mありますから、満潮時でも高潮だけによってその護岸を越えることはないと思います。ですから、護岸崩壊の原因は風速40mを超える暴風による高波になります。

    井上靖の小説「傾ける海」は、伊勢湾台風を題材にしたものです。同台風は、奇しくも昭和34年の15号でした。高潮の被害が顕著で5000人以上の死者を出しています。小説では、高潮を「海が傾いた」と表現していたと記憶しています。

    返信
    1. tetuando

      高潮と高波の区別のコメント、ありがとうございます。「海の公園」は高波の被害と確認できました。こうやって文字にすると、「自分勝手に身に付けた」知識の脆弱さが明らかになります。&oの「水俣病」に対して、ほとんどの人が疑問をぶつけてきません。だからといって、安藤説にも誤りが散らばっていることを忘れてはならないことを知らされたように思います。
      鹿児島市は台風17号の「気圧の谷」・「気圧の壁」の位置から外れなかったのか、暴風雨にはなりませんでした。AIを用いて、台風・台風被害と地理条件から詳細な災害情報が発せられることが期待できそうです。
      高潮と干満時刻についての情報は発表されますが、高波の情報は発せられるのでしょうか?しかし、これは難しそうですね。何年か前、海べりのホテルのレストランの大きなガラスが一瞬の高波で破壊されたことがあったと思います。お客さんが食事中の出来事だったということは、少なくとも「風速40米」ではなかったと思いますが.....。

      返信
  5. admin

    &oさんの「水俣病」について、誰も反論もコメントもできないのは、&oさんの主張が非常に難しい問題であることと正論に限りなく近いことと私は思っています。私がコメントできないのは、その分野での知識が全く欠けているからです。
    今の私にあるのは、ウェブ、コンピュータ、プログラミングに関する、世間一般から見れば最低レベルの知識でしかありません。ただ、若い時に比べれば記憶力が衰えている反面、論理性だけは増しているように思います。それを唯一の支えとして今頑張って生きています。

    返信
    1. tetuando

      MOMOさんの温情に感謝します。ひとえに管理人さんの「海生研OB会」HPの存在によって、&oの「水俣病・物語」が披露出来ているのが現実です。4年前に逝ってしまった田所さんが私に言った「死ぬのは怖くないが、これまで培ってきた脳細胞が使えなくなるのが悔しい。安藤、水俣病のこと、必ず記録するべきだ。記録があれば、何時の日か歴史が解決するはずだ。」、を実践する場・機会を貰っているという意識です。理解できなくとも、正論らしいと感じてもらえるだけで嬉しいです。
      夏休みが終わり、非常勤が始まってからは、パソコン・ネットに向かう機会が減っているため、返事が遅れます。5月・6月の出生数の統計処理も何とか正解に近付いていると思います。必ず、投稿したいと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »